爬虫類が食べられる植物苗についてQ&A

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



爬虫類が食べられる植物について良くいただく質問、ありそうな質問を 
Q&Aでまとめてみました。

Q&Aの植物の種類はユニークグリーン生産植物の中から回答させていただいております。

ブログ内で随時更新していきます。
【2021年5月29日更新】

Q1.植物苗の注文方法を教えてください。

A.現在Twitter、インスタグラム、LINE、メールからご注文を承っております。

全て同じ人間が管理していて、通知も常にオンなため、お気軽にどの媒体からもお問い合わせいただけましたら幸いです。

ご注文苗数、発送地域をご連絡いただけましたらすぐに見積もりをさせていただきます。

Q2.リクガメを飼育しているのですが、
食事のバリエーションにお勧めの
植物苗はありますか?

A.上記のリスト内の植物がお勧めになり、主にTwitter、ブログで
在庫状況など更新いたします。

ウチワサボテンや多肉、モリンガなど
在庫が少数で流動が多いものは
未記載になったりしております。

Q3.植物の栽培は慣れておらず、
爬虫類が食べられる植物の栽培は難しいでしょうか?

A.植物を初めて栽培される方でも栽培は容易な種類を選定しております。

ご不明な点などございましたら、メールやSNSのDMなどからお気軽にご連絡いただけたら、回答いたします。

ホームページからもデータベースを徐々に更新していきます。

Q4.ネットショップの公開はまだですか?
ポチッと注文できたら楽だなと思いまして(^-^)

A.ご不便をおかけして、申し訳ございません。
植物苗の成長変化や写真が追い付かず、徐々に更新いたします。

Q5.販売されている爬虫類が食べられる植物苗の用土はどのようなものがよろしいでしょうか?

A.ブルーベリーの土など極端な強酸性の用土での栽培は相性は良くありませんが、弱酸性~中性の市販の野菜の土、観葉植物の土、バラの土などで栽培可能です。

ご自身で配合される場合、
赤玉土6割~7割+腐葉土3~4割のベーシックな配合用土で栽培可能です。

Q6.お勧めの肥料はありますか?

A.桑などの樹木系、ローゼルのようにガツンと年内に急速に育つ植物は
IB肥料との相性が良いです。

植物には液体肥料、固形肥料全てのものが使用できます。

肥料やりについての考え方

Q7.送料込み5000円で
ユニークグリーンさんお勧め
詰め合わせ苗セットでの販売は可能でしょうか?

A.喜んで承っております。
ご予算がございましたらお気軽にお申し付けいただけましたら幸いです。

【メイン生産のレア植物、塊根植物、ユーカリなども同じくです】

Q8.農薬は使用していますか?

A.爬虫類が食べられる植物苗たちに対しては普段は農薬不使用、
虫に対しては捕殺での対処ですが、

時期や状況に応じて
忌避効果のある自然物⇒有機栽培にも使用できる生物農薬⇒普通物の農薬【一般的な野菜に使用されるもの】と段階をふんで散布しています。

収穫前の散布期日には余裕を持っています。

農場内の他の植物には定期的に薬剤散布しており、オーガニック栽培、有機栽培ではありません。

ご了承の程よろしくお願い申し上げます。

Q9.病害虫が発生しましたが、
どのように対処したらよろしいでしょうか?

A.まずは捕獲しての対処、アブラムシなどは新芽に集まりやすいので、新芽をピンチするなどを行い、

大発生の場合によりオーガニック栽培に使用できる農薬、通常スプレータイプの農薬の使用【例:桑の株に穴があき、木屑が出ている場合などは枯れてしまうため】をお勧めしています。

Q10.お支払いはどのようにしたらよろしいでしょうか?

A.銀行振込【ゆうちょ銀行】、代引き【見積もり金額+300円】、
クレジットカード決済【VISA、Master、JCB、AMEX、Dinersが利用可能】から承っております。

クレジットカード決済につきましては商品購入ページを作成いたします。

Q11.まずお試しで少し苗を購入したいのですが、プランターなどで育てやすく
カメやトカゲが良く食べるお勧めの種類はありますか?

A.一つのプランターで複数の種類を栽培される場合は
シロバナタンポポやダンディライオン、オオバコ各種、イタリアンタンポポやエルバステラがお勧めです。


Q12.生産効率の良い植物はありますか?

A.ずばり桑はやてさかりとハイビスカス・ローゼルがお勧めです。

はやてさかりは実をつけない雄の品種で
植物体で栄養価の高い葉っぱを効率的に生産可能です。

ローゼルは霜に弱く、本土では一年草扱いですが
爬虫類に嗜好性が高く、気温の高い時期は非常に良く成長し、種子も冬には採れ
毎年自家栽培可能です。


Q13.ギリシャリクガメ、ヘルマンリクガメを飼育しているのですが、お勧めの植物苗はありますか?

A.2種類のカメちゃん共にタンポポ、オオバコの仲間、イタリアンタンポポを良く食べる傾向にあります。

ヘルマンリクガメはローゼルも好んで食べる傾向があります。

桑などは個体により嗜好性に違いがあり、初めて与えた際は半々な印象で
慣れてくると、いつの間にか食べてくれる子もいます。

皆様の多くの貴重なご報告にも基づいています。


Q14.アルダブラゾウガメを飼育しており、畑や庭で食事になる植物を栽培したいのですが、屋外管理ができ、とにかく生産効率が良い種類を
各ジャンルで教えてください!

A.アルダブラゾウガメは比較的色々なバリエーションを食べてくれる傾向にあります。

栄養価が高い桑をメインに植栽
5月以降は、ハイビスカス・ローゼル
下草にはエルバステラやオオバコ、タンポポ

多肉植物は
朧月、ハナツルソウ、ウチワサボテン

日陰にはユキノシタやラミウム【シソ科】の仲間

マメ科は
クローバーは非常に優秀ですが、
数年経つとウィルス病に蔓延しやすいため、早めの収穫、播種がお勧めです。

野菜としてはモロヘイヤ、葉ダイコンがお勧めです。


Q15.ロシアリクガメを飼育していますが、偏食傾向があり悩んでいます。
総じて嗜好性の高い種類はありますか?

A.タンポポの仲間、オオバコの仲間が嗜好性が高い傾向にあります。

慣れたら食べてくれる子は多いですが、
皆様のご意見、私の飼育経験になりますが桑を初めから食べてくれる子は少数派です。

Q16.日光が当たらない環境での栽培は可能でしょうか?
また耐陰性がある爬虫類が食べられる植物はあるでしょうか?

A.ユニークグリーン生産販売の爬虫類が食べられる植物は
日光が当たらない環境だとポテンシャルを発揮できない種類がほとんどになります。

屋外の日陰は、お部屋のレース越しの明るい場所よりも
照度は高く、光を好む植物にとっては
屋外管理がお勧めです。

耐陰性のある植物は現在売り切れになります。


Q17.病害虫に強く、嗜好性の高い爬虫類が食べられる植物を教えていただけますか?

A.ハイビスカス・ローゼルがお勧めです。

新芽にアブラムシの発生リスクはありますが、その被害を上回る成長力で
収穫効率が高いです。

Q18.ユニークグリーンさんが爬虫類が食べられる植物を選ぶ基準は、どのようなものでしょうか?

A.まずは食事メニューとして
安全性の高い種類が絶対条件で

実際の農場管理での生産効率、栽培のしやすさ、
各所で食べてもらっていることを確認
お客様からの貴重なご意見などを考慮し
選出しています。

また自分の飼育している子たちが全て食べてくれているのも確認しています。

Q19.この度ヒョウモンガメベビーを迎えました。お勧めの種類はありますか?

A.ベビーは特に大切な時期なため
可能な限り、色々な葉野菜を試していただけましたらと存じます。

こちらの生産植物の中では、ヒョウモンガメちゃんは
ハイビスカス・ローゼルが比較的食い付きが良く、お勧めになります。


Q20.桑苗を地植えしたのですが、剪定管理などは必要ですか?

A.地植えにしていただくと、ぐんぐん伸びていき、無剪定だと
数メートルに育ちます。

生産、収穫効率の面では、背丈以下の高さに切り戻し管理していただくとスペースを効率的に利用できお勧めです。

Q21.イタリアンタンポポがお花を咲かせましたが、葉っぱが傷みやすくなりました。元気な状態でまた葉っぱを収穫する方法はありますか?

A.植物にとって、お花を咲かせること、種子をつけることは
とてもエネルギーが必要なことで、株が疲れている状態になります。

イタリアンタンポポの場合、お花を咲かせる茎は硬く太めな別の部分になるため
葉っぱを多く収穫したい場合は、花茎を切ることをお勧めします。

多年草でも株のサイズに対してお花や種子をたくさんつけた場合だと
その年のうちに枯れてしまう場合もあります。

お花も爬虫類におやつとして与えることが可能です。


Q22.トゲオアガマ、イグアナ、エンジェルアイランドチャクワラ、フトアゴヒゲトカゲ、ハコガメを飼育しているのですが、彼らにリスト内の植物たちは与えることはできますか?  

A.植物を食べる爬虫類に対しては、
種類問わずにバリエーションとして与えることが可能になります。

Q23.栽培用土の中にカルシウムやその他ミネラル資材を混ぜると、
植物に対しての栄養価に変化、有意差はあるのでしょうか?

A.定説としては各植物、各品種ごとに
多少のミネラル添加した場合でも
栄養価はほとんど変わらないと言われていますが、
サンプルを栄養分析していただいたら
アイスプラントでは違いが見られました。

試験数が少ないため、栄養価の面では私の所では不明な結論です。

味、食感に関しては明らかに栽培環境で違いが見受けられます。


Q24.リクガメを数種類飼育しております。
これだけ与えれば終生健康に飼育できるという植物はありますか?

A.そういった植物はございません。

牛や豚、犬猫のように完全栄養食が難しい爬虫類にとっては
常に爬虫類と向き合い
様々なバリエーションを与える献立にする必要があると考えております。


Q25.ユニグリさんのカメやトカゲが食べられる生産植物は
良く流通する小松菜やチンゲン菜、葉ダイコンなどと比較して栽培効率はいかがですか?

A.成長力の速さ、種子や苗の入手のしやすさなど、初期生育の面では、ご指摘の市販野菜の方が優れている種類が多いです。

比較してこちらの生産植物は
食事バリエーションとして育てる楽しさ、病害虫に対しての強さ、
多年草メインなため、長く維持できる点などに軍配があがり
大きく成長すれば、生産効率は野菜を抜いたりします。


Q26.各植物の栽培や苗の在庫について
教えていただくのは可能でしょうか?

A.現在ネットショップの更新ができておらず、ご不便おかけして申し訳ございません。

各植物の栽培や在庫につきましては
Twitter、インスタグラム、LINE、メールなどからお問い合わせいただけましたら幸いです。


Q27.卸販売や契約・予約での苗生産は可能でしょうか?

A.卸販売につきましては、ご注文の苗の数、店舗様であることなどで
相談させていただけましたら幸いです。

ユニークグリーン生産苗の卸販売は
基本的には宅配ではなく、市場様経由でさせていただいています。

通常購入時の際も、多くご購入いただいた場合などは
DMやメールでのやり取りの中で、割引きさせていただいております。


Q28.イタリアンタンポポ、ダンディライオン、コモンマローなどのお花が咲きました(^^)
カメたちに与えることはできますか?

A.上記の植物のお花は、全ておやつとして与えることが可能です。

Q29.農場での直接購入は可能でしょうか?

A.基本的には現在農場は一般公開しておらず、苗をこちらで揃えてのお渡しは可能になります。

Q30.桑はやてさかりの根元の枝から
上の方の葉っぱと違う形の葉っぱが出てきました。
これらの葉っぱはカメに与えることは可能ですか?

A.現在販売している桑はやてさかりの苗は接ぎ木苗になり、
下から出た場合の葉っぱは
台木の桑のものになります。

カメちゃんに与えていただいて問題ございません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加